象印の加湿器が2022年で販売終了はなぜで本当は売り切れ?象印の加湿器で2022年の最新の新型のee-dc50とee-rr50の違いやうるさい音対策は?

スポンサーリンク

Pocket

今回は象印の加湿器が2022年で販売終了はなぜで本当は売り切れ?2022年の最新の新型のee-dc50とee-rr50の違いやうるさい音対策は?についてご紹介します。

象印の加湿器が販売終了になっているとの噂がありました。

調べてみた結果は、品薄状態となる大人気商品になっているため店舗によっては店頭に商品がなく販売終了になってしまったと思われた方がいたからかもしれませんね。

通販サイトのAmazonや楽天でも象印の加湿器が購入可能です!

 

スポンサーリンク

象印の加湿器が2022年で販売終了はなぜで本当は売り切れ?

象印スチーム式加湿器は、2020年9月1日に発売され、3カ月後には、品薄状態となる大人気商品となりました。

やはり、人気の秘密は、手軽にお手入れができる!というのが最大の特徴の様です。

1度使うと他の物が使えないなどと、人気度が高かったです。

調べたところ、2022年で販売中止なのでは無く、人気商品のため生産が追いつかずに欠品が続いて品切れになってるだけのようです。

通販サイトのAmazonや楽天でも購入は可能です。

 

スポンサーリンク

象印の加湿器で2022年の最新の新型のee-dc50とee-rr50の違いやうるさい音対策は?

2つの型番をわかりやすく比較してみました。

どちらも大人気の蒸気タイプのスチーム加湿器です。

違いを見てみると、

⚫デザイン(カラー展開)はEE-DC50のみグレーあり

⚫サイズ&重量:EE-RR50の方が軽い

⚫容量:EE-DC50の方が1L多い

⚫加湿連続時間:EE-DC50の方が長い

⚫タイマー:EE-DC50の方が選べる選択肢が多い

⚫加湿開始までの時間:EE-RR50の方が早い

⚫明るさ切替ボタン:EE-DC50のみ付いてる

などが比較できました。

象印の加湿器はデザインがイマイチと言うクチコミが過去にありましたが、EE-DC50モデルなら買いたい!と言う人が増えそうだと予想されてます。

ですが、デメリットで唯一大きなデメリットが、稼働音です。

とくに最初の湯沸かし時の音はゴーゴーと騒がしく、騒音計で計測してみても58~65dBという高めの数値になりました。

「湯沸かし音セーブ」モードを使えば48~51dB程度にまで抑えられますが、それでも無音というわけにはいきません。

最初の湯沸かしが終わったあとも、稼働中は基本的にシューシューという蒸気を吹き出す音が鳴り続けるので、音に敏感な方は気になってしまうかもしれません。

不快なタイプの音ではないのですが、気になる方は静音性の高い気化式や超音波式を選ぶほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

象印の加湿器を購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

口コミを調べてみました!

象印加湿器はパワフルな加湿能力が高い評価を得ています。お部屋の温度が下がらないスチーム式なので、寒い冬の時期にも使いやすいのがポイントです。

また、象印加湿器の大きな特徴といえば、ポットのような水タンク一体型ですが、お手入れや給水が簡単で、使いやすいといった声が多いです。

使い勝手を重視して加湿器を選びたい方に最適となっています。

また、あまり良くない口コミで言うと音がうるさいと、電気代がはねあがる、との書き込みが目立ちました。

スチーム式の加湿器は水を沸騰させて加湿するため、音が気になる方もいます。

静音性にこだわって加湿器を選びたい方は「湯沸かし音セーブモード」を搭載したモデルを選びましょう。

電気代を節約する為にも部屋の大きさなどもしっかり調べて購入する事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は象印の加湿器が2022年で販売終了はなぜで本当は売り切れ?象印の加湿器で2022年の最新の新型のee-dc50とee-rr50の違いやうるさい音対策は?についてご紹介してきました。

象印の加湿器は人気商品のため生産が追いつかずに欠品が続いて品切れになっているのが販売終了と噂が立っている理由のようです。

通販サイトのAmazonや楽天でも象印の加湿器が購入できますよ!

スポンサーリンク

FacebookTwitter

コメントは受け付けていません。

関連記事